Pagelist

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

胃がんの早期発見のために

どのようながんに関してもいえることですが、早期発見、早期治療というのはとても重要になってきます。
とくに胃がんの場合には、早期発見、早期治療をすることによって開腹手術ではなく内視鏡手術で完治させることができますので、なおのことそう言えるでしょう。
早期発見のためには、自分の体調に注意を払うということが重要になってくるのですが、胃がんの場合には食欲不振、体重減少、みぞおちの痛みなどがないかどうかをチェックするというのが重要になってきます。
ちょっとした食欲不振であったり、夏バテなどが原因であればそこまで心配する必要もありませんが、慢性的になっていて半年で10〜15%の体重減少してしまうという場合には医療機関で精密検査をしてもらったほうがよいかもしれません。
ほかにも胃がんがどうかをチェックすることができるポイントとして、貧血というものがあります。
これまでと同じように生活していたのにふらついたり、貧血になる機会が多くなったというのであれば胃がんを疑うことができるかもしれません。
さらに胃に出血があるために便が参加してしまってタール便といわれる真っ黒な便になるというのも胃がんを早期発見するためのひとつのポイントになってきます。
また胃がんにならないように心がけることができる点としては、辛いものなどの刺激物を食べないようにすることや、お酒の飲み過ぎ、タバコなどを挙げることができるでしょう。
基本的にがん検診というものに1年に1回はいくように習慣づけるようにしたいものです。