Pagelist

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

健康診断と検診の違い

似たような言葉として健康診断と検診という言葉がありますが、これらははっきりとした違いがあり、医療界ではそれぞれ目的をもって分けられています。
では具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。
まずは健康診断ですが、これはその人の健康状態を検査するという目的があります。
その内容は身長・体重・視力・聴力・血圧など比較的容易に調べることができるものです。
この検査はそこまで徹底したものではありませんので、体内の腫瘍や病気などを見つけることは、臓器障害が起きていることを別にするとできません。
この健康診断には法定健診といわれる義務を付けられているものと、人間ドックなどとしてしられる任意のものがあります。
ちなみこの任意の場合にはかなり詳しく診てもらうことも可能なので、病気などを事前に発見することができることができます。
これらの健康診断と似ていて異なるのが検診です。
検診というのは特定の病気を見つけるために特化した調査という目的があります。
よく聞くものとしては乳がん検診やがん検診などがそれにあたります。
ちなみにがん検診の場合には、どこでがんができているのかを知るためのコースというものがわかれていますので、医療機関などにあらかじめ問い合わせてみると良いでしょう。
早期発見は早期治療にもつながり、命をつなぎとめるためにはとても重要だといわれていますので、定期的にこれらの健康診断や検診を受けるように習慣づけておきましょう。