Pagelist

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

生活習慣病のための検診

不規則な生活習慣によって体調を崩してしまうものを生活習慣病とよんでいます。
この生活習慣病のなかには、糖尿病や高血圧症、内臓脂肪型肥満というものなどが含まれ、そのままにしておくと生命の危険にもつながってしまうものがあるといわれています。
ちなみにある医療界の調査によると日本人の3分の2が生活習慣病で亡くなっているといわれています。
このような生活習慣病を事前にふせぐために薦められているのが特定健診と特定保健指導といわれるものです。
まず特定健康診査に関してですが、これはメタボリックシンドロームといわれる内臓脂肪症候群に特化した健康診断になっているのですが、具体的には血糖検査、脂質検査、肝機能検査などが含まれています。
そしてこれらの検診の結果、危険だと思われたかたに行われているのが特定保健指導というものです。
その体調の状況によって情報提供、動機付け支援、積極的支援というように分かれているのですが、きめ細かなサポートが行われるようになっていますので、非常に安心だといえるでしょう。
ちなみにこれらの検査や指導にかかる費用ですが、医療保険者の自己負担になっています。
これらの検査や指導というのは義務ではありませんが、定期的に受けておいたほうが安心できるといえるでしょう。
ちなみにこれらの検査とは別にがん検診や骨粗しょう症検診というものも受けることができるようになっていますので、年齢や状況に応じて申し込むようにすると安心できます。