Pagelist

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

がんの緩和治療

最近ではがん治療の一環として「緩和治療」といわれるものが医療業界では注目されています。
これは患者の痛みや苦痛などを緩和することを目的として治療のことで、がんの末期のケアなどに多く採用されてきました。
しかし最近では治療初期から行われたり、手術療法や薬物療法などと同時に行われることも増えてきました。
補完的に行われる療法にはさまざまなものがありますが、まず注目することができるのが漢方治療といわれるものになります。
具体的な効果というのは漢方によっても違いがあるのですが、副作用を抑えてくれたり、免疫力を高めてくれるものもあります。
漢方のなかには保険適用になるものもありますので、経済的にも負担になりにくいというのが特徴になっています。
さらに最近注目されているものとしては温熱療法といわれるものもあります。
がんの病巣に集中的に熱を当てることによってがん細胞を死滅させることを目的としているのですが、体を温めることによって血行がよくなりますので、免疫力の向上にも効果があるといわれています。
さらに放射線療法の場合には、施術後にむくみが生じてしまうのですが、スキンケア、圧迫療法、リンパドレナージ(リンパマッサージ)などによってその症状もやわらげることがあります。
これは理学療法といわれるものなのですが、保険適用で行ってもらうこともできます。
このほかにも民間療法といわれるような治療方法もよく利用されています。
しかし民間療法のなかには、本当に効果があるのか疑わしいようなものもありますので、なにを利用するか選ぶ際には注意しましょう。